人気の投稿

ラベル ダイエット 食事 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル ダイエット 食事 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2022年7月2日土曜日

【炭水化物ダメ?!】ライザップの低糖質食事メニューとは?


ライザップの食事メニューと危険性



ライザップの食事メニューと危険性


ライザップでは糖質制限をかけて糖質を徹底して抜くメニューを食べることで知られていますよね。結果にコミットする!というキャッチフレーズで、コマーシャルなどを見たことがある方は多いのではないでしょうか?食事メニューから糖質や炭水化物を抜くメニューは、ダイエットや肉体トレーニングには欠かせないと謳っているようですが、急に食事メニューから糖質や炭水化物を抜くメニューに切り替えると、体がついてこないことも多々発生しているようです。今回は、炭水化物はダメ?!ライザップの低糖質食事メニューに関連してご紹介します。



おすすめ商品





【目次】

ライザップの食事メニューと危険性その1 糖質と炭水化物を抜くと・・・?

ライザップの食事メニューと危険性その2 炭水化物を抜くメニュー考案者

ライザップの食事メニューと危険性その3 確かに炭水化物を抜けば・・・?

ライザップの食事メニューと危険性その4 急に炭水化物を摂取しなくなると・・・?

ライザップの食事メニューと危険性その5 NG食事メニューとは?



ライザップの食事メニューと危険性

その1 糖質と炭水化物を抜くと・・・?


テレビのコマ―シャルなどで宣伝されている内容を見ると、実際に痩せていった人たちを魅力的に思えてくるでしょう。芸能人にも人気が出ていますし、実際に痩せた芸能人もいますよね。専属トレーナーがついていて、食事制限を行っていると知ると効果がすぐに出て痩せられると考えたりもしますよね。しかし、ライザップでの食事メニューはとても過酷だという現状があります。低糖質や炭水化物を抜いて痩せられても、ふらつきやホルモンバランスがおかしくなってしまい、救急病院に運ばれたという女性も存在しています。医療機関でも急な食事制限や糖質、炭水化物を抜き過ぎた食事メニューだけを摂ることに難を示しており、医療従事者のもとで血糖値を測りながら食事制限を行わないと、呼吸困難症に陥ることもあるのです。



ライザップの食事メニューと危険性

その2 炭水化物を抜くメニュー考案者


ライザップでの食事メニューでは炭水化物を抜いたメニューになります。この炭水化物を抜いて痩せるという方法を考案したのは、アメリカのロバート・C・アトキンス博士だといわれています。アトキンス博士は、炭水化物抜きメニューを考えたさいには、炭水化物中毒者のために発明したのです。炭水化物の摂取量をコントロールしたり制限したりすることで、血糖値を安定させることが目的でした。また、現代では、アトキンス博士の考えを継承して血糖値をコントロールすることで体重を落としたり、体質を良くすることを目指すダイエット方法として一般にも受け入れられています。



ライザップの食事メニューと危険性

その3 確かに炭水化物を抜けば・・・?


ヒトが1日に必要とするエネルギーの半分は炭水化物から得ています。日本人はとくにお米が主食となっている家庭が多いため、海外の人に較べると炭水化物の摂取量は多めとなっています。ヒトが活動するのに必要な炭水化物を抜いた食事メニューにすれば、正しくダイエットを行うことができるほかにも、炭水化物中毒からの脱却、糖尿病における血糖値コントロールが可能になります。しかし、後述しますが、炭水化物を急に抜くことは危険なのです。



ライザップの食事メニューと危険性




ライザップの食事メニューと危険性

その4 急に炭水化物を摂取しなくなると・・・?


急にただ単に炭水化物である、お米やパン、麺類、お芋類、お菓子、砂糖を抜くと、体に悪影響を及ぼす危険性が高くなります。たとえば、炭水化物を急激に減らすと、血糖値が低下したり急に上がったりします。体にとっていいことばかり、というわけにはいきません。ライザップがOKだとしている食事メニューに使われる食材には、焼酎などの蒸留酒、鶏ササミ肉、鶏胸肉、豚ひれ肉、魚介類、乳製品、果物類、納豆、卵、チーズなどが挙げられます。ではライザップがNGメニューと決めている食材は何でしょうか。



ライザップの食事メニューと危険性

その5 NG食事メニューとは?


ライザップがNGメニューと定めている食材には、穀物類であるご飯、お餅、赤飯、パン、フランスパン、精製された小麦粉食品、麺類、うどんなどがあります。またお芋類では、じゃがいも、さつまいも、サトイモ、ヤマイモ、長芋などです。野菜のなかでは、人参やとうもろこし、かぼちゃ、トマトなどの糖質が高い野菜はNGです。食事メニューに取り入れるさいには気をつけましょう。果物類では、スイカやパイナップル、缶詰になっている果物はNGです。


ライザップに入会している期間中だけでも、NG食品で作った食事メニューは避けるようにすることが大事です。普段の生活のなかで必要不可欠な食事メニューを制限されると、身体は急にはついてこないため、危険性はありますが、専属のトレーナーとよく相談をして食事メニューを決めていくと良いでしょう。



まとめ

ライザップの食事メニューと危険性その1 糖質と炭水化物を抜くと・・・?

ライザップの食事メニューと危険性その2 炭水化物を抜くメニュー考案者

ライザップの食事メニューと危険性その3 確かに炭水化物を抜けば・・・?

ライザップの食事メニューと危険性その4 急に炭水化物を摂取しなくなると・・・?

ライザップの食事メニューと危険性その5 NG食事メニューとは?


2022年5月24日火曜日

ダイエットしたい方【必見!】太らない食べ方・食事の方法とは?


太らない食べ方

     ダイエット食事法とは!? 

  

ダイエット食事法 


 


ダイエットをするとき、食事をしないで1日もたせる女性もいますが、食事を抜いたダイエットは長続きしませんし、健康的に痩せることはできません。食事を抜いたダイエット方法では必ずあとでリバウンドしてしまい、もとの体重よりも増えてしまったという女性ダイエッターのなかであとを絶ちませんよね。今回は、ダイエットしたい人必見の太らない食べ方や食事の方法をご紹介します。


【目次】

食事方法はダイエットの基本!その1 食べることでダイエット成功させる!

食事方法はダイエットの基本!その2 太らない人が実践していること!

食事方法はダイエットの基本!その3 食事時間を決めてダイエットしよう

食事方法はダイエットの基本!その4 血糖値が下がる時間に食事する!

食事方法はダイエットの基本!その5 夜の食事量を控えることが大事!



食事方法はダイエットの基本!その1 食べることでダイエット成功させる!


食事を抜いたダイエットでは失敗するというのは、食べる量を減らしたとしても、体重自体が減ったとしても、基礎代謝能力は下がっていますので、脂肪は燃焼されていきません。食事を抜けば、そのぶん1時的に体重がぐんと減りますが、あとで余計なカロリーをため込もうとする身体になるので、リバウンドして体重は増加してしまいます。ダイエットは苦しいものですが、そのなかでも楽しみや正しい食事の食べ方、食事の方法を知ってからダイエットをはじめても決して遅くはありませんし、あとでリバウンドしてしまうという恐怖観念から抜け出せる楽しい食事の方法でダイエットを試すことができます。また、サプリメントやお薬に頼ったダイエットも存在しますが、それらに頼りきりにならなくても、食事の方法を変えるだけでダイエットは成功する人が多いのです。


食事方法はダイエットの基本!その2 太らない人が実践していること!


同じ食事を食べていても、食べ方や食事の方法次第で、太る人と太らない人がいます。太る体質だから、などと最初からあきらめずに、ご紹介する新しい食事の方法を生活に取り入れてみませんか?ダイエットにおいてカロリーはとても大切な項目のひとつですよね。摂取カロリーは消費カロリーを超えてしまうと、太ってしまうものです。食事から得たカロリーを運動による消費カロリーで越えてしまえばよいのですが、それを実践しても痩せられない場合、食事の仕方や方法に問題があるのかもしれません。


   

食事方法はダイエットの基本!その3 食事時間を決めてダイエットしよう


まず、ダイエット中は体内時計に合わせた基準時間で規則正しく食事を摂りましょう。人間の身体は、活動する時間帯に食事をすると消費カロリーとなりますが、身体が休息しているときに食事をすると、それらは脂肪となってお肉となってしまいます。つまり太ってしまうのです。身体が活動している時間帯とそうではない時間帯は血糖値によって分ります。血糖値が上がると太りやすくなり、血糖値が下がると太りにくいといわれています。血糖値が下がっている時間帯に食事を摂ることで、太らずにすむのです。では時間を決めて食事をすれば太りにくいのでしょうか。


食事方法はダイエットの基本!その4 血糖値が下がる時間に食事する!


血糖値は朝の6時から7時、10時から11時、16時から17時の時間帯にもっとも下がるとされています。この3回の時間帯に食べることで、消化活動も同時に行われるため、身体も活動的な時間帯となっています。この時間帯に食事を摂ることを自分で決めて規則正しく毎日食べていれば、身体は自然とこの時間に消化すれば良いということが分ってきますので、内臓の働きも自然な流れで消化活動が行われていくので、身体に余計なお肉や脂肪がたまりにくくなります。同時に老廃物を外に出す働きも正常なリズムになっていきますのでダイエットに向いています。

ダイエット食事法


食事方法はダイエットの基本!その5 夜の食事量を控えることが大事!


夜に炭水化物の多い食事を摂ってしまうと、そのあとの活動時間が短いため、消費カロリーが抑えられてしまいますので、ダイエットにならず太りやすくなります。つまり、脂肪が燃焼される時間帯が夜は限られてしまうということです。夜の食事には炭水化物は控えたメニューにしましょう。そして、夜遅く食べるというのもNG行動です。食事の量をたくさん食べたいときは、消化する胃腸が活発に働いている日中に軸を置いて食べましょう。夜はできる限り早い時間帯に食べ終っておくこともダイエットには大切なことです。


このように、ダイエットをするときには、できる限り規則正しく決めた時間帯に食べることに気をつけていると、身体のなかの臓器の働きも規則正しく動くのでダイエットもスムーズに行えます。もちろんやけ食いや暴飲暴食はNG行動なので控えましょう。


まとめ

食事方法はダイエットの基本!その1 食べることでダイエット成功させる!

食事方法はダイエットの基本!その2 太らない人が実践していること!

食事方法はダイエットの基本!その3 食事時間を決めてダイエットしよう

食事方法はダイエットの基本!その4 血糖値が下がる時間に食事する!

食事方法はダイエットの基本!その5 夜の食事量を控えることが大事!